新NISA口座開設おすすめネット証券5選!選ぶ3つポイントを解説

新NISA口座開設おすすめは?選び方3つのポイントを解説 未分類

新NISAは、銀行や証券会社で口座開設をすることができますが、1人1口座しか開設できません。

新NISAを始めたいが、どこの証券会社で口座開設したらいいのか迷う人が多いでしょう。

そこで本記事では、初心者におすすめ新NISAの証券口座や失敗しない新NISA口座の選び方を徹底解説します。

結論から言うと、新NISAを始めるならネット証券がおすすめ!

\100円からポイント投資可能/
楽天証券の公式サイトはこちら

新NISAとは

新NISAとは、「つみたて投資枠(つみたてNISA)」と「成長投資枠(一般NISA)」が併用でき、1800万円まで一生涯、非課税で運用可能です。

つみたて投資枠 成長投資枠
①対象者 18歳以上の居住者等
②非課税保有期間 無期限
③投資可能期間 2024年1月1日から恒久化
④年間投資上限額 360万円(併用の場合)
120万 240万
⑤非課税保有限度額

1,800万円
1,200万円まで

新NISA口座の選ぶ3つのポイント

新NISA口座は、1人1口座しか持つことができないので自分に合ったNISA口座を選ぶ必要があります。口座を選ぶときのポイント3つを解説します。以下、ネット主要5社を比較しています。

1.取り扱い銘柄数を確認する

楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
積立投資枠 223本 225本 219本 224本 220本
成長投資枠 1,153本 1,194本 1,128本 1,094本 1,034本

新NISAは、証券会社によって取り扱いの銘柄数が違います。

購入したい銘柄が決まっていない場合は、主要ネット証券5社を選べば本数も多く間違いないです。

2.クレカ積立ができるか

楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
利用できるカード 楽天カード 三井住友カード マネックスカード au PAY カード
還元されるポイント 楽天ポイント Vポイント マネックスポイント 松井証券ポイント Pontaポイント

クレカ積立は、証券口座にクレジットカードを紐づけしておくと毎月決まった日に自動積み立てを行ってくれます。毎月自分で証券口座にお金を入金する必要もなく、ポイントも還元されるので大事なポイントです。

自分の持っているクレジットカードでもよし、還元されるポイントをよく使う証券口座を持つのもよいでしょう。

3.積立設定の自由度

楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
最低積立金額 100円~ 100円~ 100円~ 100円~ 100円~
積立設定 毎月
つみたて投資枠のみ
毎日設定可
毎日・毎週・毎月 毎日・毎月 毎日・毎月 毎日・毎月

最低積立金額はネット証券5社は100円~と同じです。最低積立が100円~だと始めやすいですね。

積立設定は、SBI証券のみ毎週があります!毎週分散したいならSBI証券がいいでしょう。

新NISA口座開設におすすめの証券会社5選

新NISAの口座開設におすすめの証券会社を5社ご紹介します。

1.楽天証券

楽天証券

楽天証券基本情報
積立投資枠 223本
成長投資枠 1,153本
利用できるカード 楽天カード
クレカ積立可能額 100円~100,000円
還元されるポイント 楽天ポイント
還元率 最大1.0%
最低積立金額 100円~
積立設定 毎月
つみたて投資枠のみ毎日設定可

楽天証券おすすめポイント

  • 楽天カード10万円と楽天キャッシュ5万円の併用で月15万円までの投信積立がポイント付与の対象
  • 日経新聞の記事がタダで読める
  • 1ポイントから利用でき、最低積立金額100円~
  • 投資信託の全銘柄買付手数料無料
  • 国内株式売買手数料無料
  • 海外ETF買付手数料無料

\投資初心者におすすめ!/
楽天証券の公式サイトはこちら

2.SBI証券

SBI証券

SBI証券基本情報
積立投資枠 225本
成長投資枠 1,194本
利用できるカード 三井住友カード
クレカ積立可能額 100円~50,000円
※2024年9月10日(火)積立設定締切分
(2024年10月1日(火)買付分)まで
100円~100,000円
※2024年10月10日(木)積立設定締切分
(2024年11月1日(金)買付分)以降
還元されるポイント Vポイント
還元率 最大5.0%
最低積立金額 100円~
積立設定 毎日・毎週・毎月

SBI証券おすすめポイント

  • 国内株式の売買手数料無料
  • 投資信託の保有でもポイントがたまる
  • 1ポイント=1円分としてポイント利用可能
  • 貯めたポイントは国内株式や投資信託の買付に使える
  • 投信保有残高に応じてVポイント・Pontaポイント・dポイント・PayPayポイント、JALのマイルのいずれか還元
  • 最低積立金額100円~
  • IPO銘柄の取扱数トップ

\積立投資枠の商品数がネット証券No.1/
SBI証券の公式サイトはこちら

3.マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券基本情報
積立投資枠 219本
成長投資枠 1,128本
利用できるカード マネックスカード
クレカ積立可能額 1,000円~100,000円
還元されるポイント マネックスポイント
還元率 最大1.1%
最低積立金額 100円~
積立設定 毎日・毎月

マネックス証券おすすめポイント

  • 新NISAでのすべての売買手数料が無料
  • 国内株はすべての証券取引所での取引が可能
  • 年会費無料のクレカ積立で最大1.1%のポイントを還元
  • マネックスポイントをdポイントなどへ変更可能
  • 100円~1株から気軽に購入できる

\米国株や中国株の銘柄数が充実/
マネックス証券の公式サイトはこちら

4.松井証券

松井証券

松井証券基本情報
積立投資枠 224本
成長投資枠 1,094本
利用できるカード
還元されるポイント 松井証券ポイント
還元率※1 最大1%
最低積立金額 100円~
積立設定 毎日・毎月

※1 投資信託を保有し、毎月エントリーが必要

松井証券おすすめポイント

  • 電話や有人チャットでのサポート体制が充実
  • マネーサテライトで投資を学べる
  • 国内株はすべての証券取引所での取引が可能
  • NISA預りでのIPO株投資が可能

\株の取引き相談窓口がある/
松井証券の公式サイトはこちら

5.auカブコム証券

auカブコム証券

auカブコム証券基本情報
積立投資枠 220本
成長投資枠 1,034本
利用できるカード au PAY カード
クレカ積立可能額 100,000円まで
還元されるポイント Pontaポイント
還元率 1.0%
最低積立金額 100円~
積立設定 毎日・毎月

auカブコム証券おすすめポイント

  • 新NISA対象の投資信託商品が豊富で取引手数料が無料
  • 国内株はすべての証券取引所での取引が可能
  • 年会費無料のクレカ積立で1%のポイントを還元
  • 投資信託を持っているだけでPontaポイントがたまる
  • Pontaポイントを使って投資信託やプチ株購入可能

\格付投資情報センター(R&I)による信用格付けで「AA」の評価/
auカブコム証券の公式サイトはこちら

よくある質問

1.新NISAの欠点は何ですか?

新NISAの欠点は、18歳以上でないと利用できないことです。

2.新NISAは元本割れしますか?

新NISAは元割れする可能性はありますが、長く投資をすることで元割れリスクが低くなります。

3.新NISAと旧NISAの違いは何ですか?

旧NISAは、非課税期間が限られていましたが新NISAは非課税期間が無期限になりました。

4.新NISAはいつやるべき?

新NISAは、すぐに始めましょう。最初は少額の余剰資金で始めることをおすすめします。

5.新NISAは毎月いくら積み立てられますか?

新NISAは、毎月積立投資枠10万円と成長投資枠20万円の合計30万円を積み立てることができます。

まとめ

新NISAおすすめ証券口座を解説してきました。新NISA口座は1人1口座しか持てないので初めに自分にあった口座を選ぶことが大切です。ネット証券5社はどこを選んでも間違いではありません。

口座をどうしても変えたいと思った場合、新NISA口座は年に1回、途中で変更することも可能ですので悩むより早く口座開設をおすすめします。

\100円からポイント投資可能/
楽天証券の公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました